和牛のことどれくらい知っている?種類・保管方法・美味しく味わうコツなど和牛に関する雑学をご紹介!

当サイトでは和牛に関して基本的なことをまとめています。
具体的にどんなものなのか、種類や保存方法・おいしく食べるポイントなどを紹介しているため、肉を食べたいと思っている人の役に立つ情報が多いです。
また、人気の高い近江牛のおいしい物の見分け方や、日本三大といわれている牛肉に対しての評価などをも理解するポイントとなります。
安心して利用できるコツなどをも紹介しているため、これから食べる時や選ぶときの参考にしてください。

和牛のことどれくらい知っている?種類・保管方法・美味しく味わうコツなど和牛に関する雑学をご紹介!

和牛とは日本在来種と海外の牛とを交配して作られた物とされています。
食肉牛のみ呼ばれる名称で、意外なことに遺伝子が一致していれば海外で生産されたものも当てはまるのも特徴の一つです。
黒毛和種・褐毛和種・日本短角種・無角和種の4種存在し、そのうちの9割が黒毛和種となります。
保存方法はなるべくラップに包んで密封できる容器に入れ、冷蔵・冷凍保存が基本です。
おいしく食べるコツは余熱を利用することで、和牛に火を入れてある程度焼き色が付いたら火を止め、牛肉のうまみを引き出します。

そもそも和牛とは?どのようなお肉を指すのか?

和牛と言われた時、皆さんはどんな肉を思い浮かべますか。
日本国内で飼育、生産された牛肉を全て和牛と呼ぶと思っていたらそれは間違いなんです。
和牛は厳密に決められた定義が存在しています。
和牛とは。
日本の在来種をもとにして飼育されている牛を指します。
その種類は現在、黒毛と褐毛、無角と日本短角種の4種類のみです。
黒毛は約90%のシェアを占めていて、神戸牛や宮崎牛など有名どころは全てここに所属しています。
小ぶりで脂が乗っているのが特徴的です。
褐毛は名前の通り赤みのある牛で、実際に赤みの多いお肉になっています。
そのことからダイエッターさんからの支持率が高いです。
無角は稀少品種で1ヶ月に3頭前後しか市場に出回りません。
こちらも赤みが多く上質な肉質が人気です。
日本短角種は放牧飼育が主流で、最も大きく育つ牛です。
こちらも赤身が多いと言われています。
この意味を理解しておくとよりお肉を美味しくいただけることでしょう。

和牛として定められている品種は全部で4種類ある

和牛と定められた品種は現在のところ、黒毛和種・褐毛和種・日本短角種・無角和種の4種類が存在します。
どの種類も和牛に変わりありませんが、日本の市場で販売されている品種は黒毛和種が9割を超えており、和牛の代名詞と言っても過言ではありません。
肉牛として優れた遺伝的資質を持つ品種で、筋肉と脂肪が交雑した「サシ」ができるのが特徴です。
きめ細かい質感で舌触りが良く、柔らかくまろやかな脂肪の味わいが魅力と言えます。
生肉の見た目は肉のピンクと脂肪の白がマーブルとなり、霜降り肉とも呼ばれています。
和牛のほかの品種は、赤みが多く肉質が粗い場合があるものの、育てやすいなどの特徴があります。
褐毛和種は性質が穏やかで育てやすく、日本短角種も寒さに強いというメリットが存在します。
無角和種は早く育つ上に大型なので、多くの肉を取ることが可能です。
これまでは霜降り肉の需要の高さから育成数が少なかった品種ですが、近年の健康ブームで赤身肉の需要が増加し、人気が高まってきています。

和牛と海外産の牛肉との違いとは?

和牛と海外産の牛肉との違いですが、一言でいうと肉質です。
これはその国でどのような肉が喜ばれるか、おいしいと感じる人が多いかに大きく左右されるのですが、海外では一般的に赤身が多い肉が良いとされます。
つまり脂身がほとんどないか、あってもわずかであったり、あるいは一部分に偏っていたりします。
食べ応えはありますが決して嚙み切りやすいとは言えませんし、単に硬いと思えることも多いです。
これに対して和牛は、赤身の肉の中に適度に脂身が入っています。
このため非常に食感が良く、口の中でとろけるような柔らかさが得られるのもこの点が理由です。
もちろん、これはどのような肉がおいしいと感じられるかの差にもよるわけで、全世界的に言ってどちらかがレベルが高いといったものではありません。
脂が適度に入った和牛は、日本では美味と感じる人が多いわけですが、海外の人から見ると食べ応えが無いとか、あまりにも柔らかすぎるというイメージを持つ人もいます。

和牛をお取り寄せするならばどこの産地がおすすめか?

日本の和食とは世界の無形文化遺産に認定されるほど優れてい食文化と言えます。
どの料理や食材も繊細な味わいが特徴的であり、他の国にこれほどまでに繊細で手の込んだものはありません。
中でも最近注目されているのは、日本の食文化を大法する和牛です。
和牛はさしの入り方が独特で、霜降りと言われるのが日本の牛肉の特徴です。
差しが入っていることで、とろけるような柔らかさも特徴的です。
舌にのせると脂が勝手に融解し、口の中一杯に甘みが広がります。
もしこうした上質なお肉を味わいたければお取り寄せがお勧めです。
日本列島津々浦々、都道府県ごとに上質な和牛があるものです。
特にお勧めしたいのは三重県の松坂牛です、濃厚なビーフの味わいと甘みも特徴で日本で最も有名な和牛と言っても過言ではありません。
さらに兵庫県の神戸ビーフもおすすめです。
ステーキであれば神戸ビーフと世界がうなるほどの上質な旨味と、一度口に入れたら忘れられない旨味を感じることができます。

和牛に関する情報サイト
和牛の基本

当サイトでは和牛に関して基本的なことをまとめています。具体的にどんなものなのか、種類や保存方法・おいしく食べるポイントなどを紹介しているため、肉を食べたいと思っている人の役に立つ情報が多いです。また、人気の高い近江牛のおいしい物の見分け方や、日本三大といわれている牛肉に対しての評価などをも理解するポイントとなります。安心して利用できるコツなどをも紹介しているため、これから食べる時や選ぶときの参考にしてください。

Search