長い歴史を持つ和牛の「近江牛」は美しい霜降りが特徴

長い歴史を持つ和牛の「近江牛」は美しい霜降りが特徴

ブランド牛の中でも最も長い歴史を持つのが、近江牛です。
戦国時代であった天正8年(1590年)には、小田原攻めの際に高山右近が蒲生氏郷と細川忠興に牛肉を振る舞ったという歴史があります。
また江戸時代に入ってからは、彦根藩の献上品である太鼓の皮のために畜産が活発となり、牛肉を養生薬として江戸幕府に献上されるなど、まさに和牛のレジェンドといっていい歴史を持ちます。
近江牛は美しい霜降りと香りが特徴となっており、きめ細かい肉質と甘い脂、口の中でとろける食感が魅力となっています。
日本三大和牛に数えられているにも関わらず、近江牛を見かける機会は少なく感じられます。
圧倒的な歴史を持ちながらも松阪牛や神戸牛、米沢牛などに知名度の高さを譲りがちですが、その品質は折り紙付きであり、特にプロの料理人やシェフに選ばれる和牛でもあります。
他のブランド牛同等の霜降りと特徴的な香り高さととろけるような食感を持ちながら、他のブランド牛よりも手頃であることが高い評価を受けています。

和牛の魅力とは口当たりについて知っておきたいところ

和牛は今や海外でも通用する人気の牛肉で、そのまま日本語が通じる代表的な単語の1つだといえるのではないでしょうか。
和牛が海外で受け入れられている理由の1つは口当たりで、柔らかくて力を入れなくても噛める赤み、口溶けが楽しめる脂身によって実現しているポイントです。
ただ脂身が特徴的ともいえるので、胃もたれしやすくなってきた人には少々重たいかもしれないです。
嬉しいことに、和牛には様々なブランドがありますし、柔らかい赤身肉が自慢のブランドも存在するので、こってりを好む若い人からあっさり好きな年配の人までカバーします。
口当たりの良さもさることながら、上質な和牛は加熱するだけで良さが分かりますし、脂身が食欲をそそる音を立てて香ばしい香りを漂わせます。
口に入れれば誰もが想像する味わいが口いっぱいに広がるので、至福の時と言っても過言ではありませんし、超高級肉であっても価格に見合う満足感が得られるのではないでしょうか。

和牛に関する情報サイト
和牛の基本

当サイトでは和牛に関して基本的なことをまとめています。具体的にどんなものなのか、種類や保存方法・おいしく食べるポイントなどを紹介しているため、肉を食べたいと思っている人の役に立つ情報が多いです。また、人気の高い近江牛のおいしい物の見分け方や、日本三大といわれている牛肉に対しての評価などをも理解するポイントとなります。安心して利用できるコツなどをも紹介しているため、これから食べる時や選ぶときの参考にしてください。

Search